Pentahoによるデータ分析 > Pentaho運用TIP集 
Pentaho運用TIP集 >> 記事詳細

2014/04/08

パラメーターを利用したテキストデータの選別

Tweet ThisSend to Facebook | by:Sogabe
テーブルからのデータ入力(Table input)では、抽出用SQLのwhere句にパラメーターを使用することにより、動的にデータを選別することができます。
しかし、テキストファイルからの入力(Text file input)ではフィルターの設定である程度の条件は設定できるものの、あまり使い勝手の良いものではありません。
このような場合には、ステップ「Filter Rows」を利用してデータの選別を行うことが多いのですが、「Filter Rows」ではパラメーターが利用できない為、動的に条件を変更するには、
  1. テキストファイルより、データを全件抽出
  2. ステップ「Get Variables」でパラメータを取得する
  3. ステップ「Join Rows」の結合条件に、パラメータから取得した値を使用する
のように実装します。
 ※3.で使用する処理は、要件に応じて変更して下さい。

14:02 | ユーザ向け情報